ひまわりの楽しい休日

大好きなお花に囲まれて暮らしたいな・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

北九州市 平尾台ドライブ

80902
前日から大阪の友人が来ていたので、一緒に観光に行くことにしました。
「自分では行けないような涼しい所に観光に行きたい」と友人が希望した為、いろいろと考えて北九州市にある平尾台に行くことにしました。

博多駅近くのホテルに泊まっていたので、10時過ぎに友人を拾って平尾台に向かいました。


昨年、平尾台に行った時は飯塚経由(八木山峠経由)で行きましたが、今回は経路を変えて3号線をひたすら走りました。
せっかく大阪から来てくれたから、福岡でしか食べられない珍しいものを食べて欲しくて北九州市八幡西区にある「銀河のチャンポン」でランチをとりました。(11:10到着)


80901 80903

開店以来、メニューはチャンポン、焼きそば、手羽先のみです。これだけのメニューしかないのに、お昼や夕食時は行列ができるほど、お客さんが並んでいます。しかもこのお店は日曜日がお休みなので、なかなか行く機会がないお店です。(私の場合は土曜日しか行けません)

このお店の特徴は鶏の身はカツにして、手羽先は唐揚げ、残りはチャンポンのダシに使う為、鶏を余すことなく使っているそうです。

今回はほぼ開店と同時にお店に入った為、初めて「モーニングサービス」というものにありつけました(笑)モーニングサービスでは人数分の手羽先が出てきました。いつからこのサービスが始まったのかも定かでありませんが、「モーニングに手羽先!?」とみんなで驚きました。そしてメニューもいろいろと悩みましたが、全員が「銀河のチャンポン」を注文しました。私以外の人はチャンポンに乗った唐揚げを見てさらに驚いていました!!

食べた感想は「また食べたくなる味」です。鶏がらスープであっさりしてる感じです。普通のチャンポンとは全然違いますよ。スープが本当に美味しいです♪食べたことがない方は一度食べてみてください。



銀河のチャンポン
北九州市八幡西区八枝5-4-20 (永犬丸中学前)
TEL 093-602-2040  定休日 日曜  AM11:00~PM8:15(LO)



お昼を食べ終わった後は寄り道せずに平尾台に向かいました。平尾台の入口に入ると羊の群れのような岩を見ることができます。千仏鍾乳洞と目白洞の分岐があります。目白洞はまだ未知の地ですが、涼しい所が友人の希望なので、今回も千仏鍾乳洞に向かいました。

80904 80905

駐車場に車を停めて、階段または坂道を1キロ位下って行きます。登り・下りともに結構大変です。慣れている私はいつもサンダルで訪れていますが、スニーカー等の歩きやすい靴が無難です。

鍾乳洞入口の手前に「せんぷう茶屋」というお店あります。(13:25着)その先で入場券を販売しています。入場券(大人800円×3人分)を購入し、中に入るための貸しサンダルに履き替えます。サンダルは無料で貸し出ししてくれます。 それから有料のロッカーがあるので、手荷物はロッカーに入れておく方が無難です。鍾乳洞内は狭いし、下は水が流れているので携帯や財布等を落とすと大変ですから、手ぶら又はタオル&デジカメ(くれぐれも落とさないように!)がいいと思います。

80906 80907
80908 80910
80911

入口ですが、岩がかなり下まで覆っていて狭いですが、ここをくぐると中はかなり上までくり抜かれた状態になっています。中と外では温度もかなり違いました。
*左下の写真は鍾乳洞の中から入口を撮ったものです。

80931 80913

鍾乳洞の中は最初は道も広いし、通路に水も流れていなくて歩きやすいのですが、途中から足元はずっと極寒と言える位に冷たい水の中に浸かっている状態になります。写真ではわかりにくいですが、私の足も極寒の水の中です。

80914 80915
80916 80917

どんどん進んで行くと水は膝まで流れているし、頭を打ちそうになったりして、本当に探検しているようです。 頭を打たないようにかがんで、しかも膝まで水が流れてくるので、歩くだけでも本当に大変で、反対から人が来たら、岩に登って道を譲ったり、譲られたりしました。

80918 80919
80920

鍾乳洞の奥まで来ると「電気照明ここまで」という案内板がありますので、そこで引き返すことになります。その先まで進んでも懐中電灯がなければ怖くて行くことができません。


引き返す時はデジカメ撮影もフラッシュを使って撮ったので、比較的鍾乳洞の内部がわかると思います。

80922 80923
80924 80925
80926 80927
80928

途中に「養老の滝」と呼ばれる場所がありました。白い岩の部分が滝を思わせるような形になっています。

80929 80930
80936

鍾乳洞から出て入口で撮影しました。ここまで来ると中の涼しさが嘘のように暑かったです。もちろん水に浸かっていた足元だけはまだ冷たかったですが・・・
時間を確認すると14:35だったので、ちょうど一時間位鍾乳洞の中に居たことになります。

80933 80934
その後、ロッカーから荷物を出し、タオルで濡れた足を拭いて靴を履き替え、休憩する為にせんぷう茶屋でカルスト饅頭2つ(90円×2)とアイスクリーム(300円)を買いました。もちろん私はアイスクリームを食べました。



平尾台  北九州市小倉南区平尾台 



友人が18:33博多発の新幹線に乗らないといけない為に15:00頃に平尾台を出発し、小倉南ICから高速に乗りました。途中、八幡西IC位から雨が降り出して、それが若宮ICを通過した時から大雨&雷で速度制限が50キロになりました。雨がすごくて、前が見えない位で50キロでもすごく怖かったです。
その後、古賀IC~福岡ICの間は渋滞して何度も車が止まりましたが、何とか無事に福岡ICを通過し、下道を走りだしたら雨は少し弱まりました。その後、新幹線の時間まで余裕があるので、サティ福岡東店内のピエトロでパフェを食べて時間を潰しました。(サティ着16:45)

80935

ビスキューパフェ・ストロベリー(ドリンク付)

その後、博多駅に18:20頃に到着。無事に友人を博多駅に送り届けました。
平尾台は涼しかったし、面白かったと喜んでくれたので良かったです。




今回の費用(三人分)
■有料道路代・・・・・小倉南IC~福岡IC間800円(ETC時間帯割引適用にて30%オフ)
■昼食代・・・・・銀河のチャンポン×830=2490円。
■間食代・・・・・カルスト饅頭90円×2=180円。アイスクリーム×1=300円。
          (ピエトロで食べたパフェは友人のおごりでした)
■入場料・・・・・800円×3=2400円、ロッカー代100円。
※なおガソリン代は算出していません。





スポンサーサイト

| 福岡(北九州地区)観光 | 2008-08-09 | comments(-) | EDIT | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。