ひまわりの楽しい休日

大好きなお花に囲まれて暮らしたいな・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

門司港レトロ散策

唐戸市場も堪能したので、次は門司港へ移動しようと思っていましたが、車で移動するか、関門連絡船で移動するか迷っていたところ、どうせなので、関門連絡船に乗ることにしました。

10013025
唐戸市場から5分で門司港へ着くようだし、門司港付近は駐車場が少ないので、船で移動した方が便利で早いことに気付きました。
14:40に関門連絡船に乗って門司港へ着いた時は14:45でした。ブルーウイングが15:00に開橋するので、時間まで橋が見える位置で待つことにしました。

橋が開くのに約8分ほどかかって両方の橋が上がっていきます。橋が上がった後に船が橋の下を通って行きました。




10013028 10013030

10013032 10013033
10013034 10013035
10013036 10013037
10013038 10013039
10013040 10013042
橋が上がらなくても下を通過できそうな小さな船でしたが・・・(笑)

10013043
門司港レトロ展望室と国際友好記念図書館です。
「門司港レトロ展望室」は、黒川紀章氏設計の高層マンション「レトロハイマート」の31階部分に設けられた展望室。高さ103mから関門海峡をや眼下の門司港レトロの街並みも見渡せる絶景ポイントです。いまだに展望室には行ったことがないのですが、一度夜景が綺麗な時間帯に行ってみたいと思っています。

「国際友好記念図書館」は1階はレストラン、2階は中国・アジアの文献を収蔵した図書館、3階は資料展示室になっています。
10013052
旧門司税関です。
昭和初期まで税関庁舎として使用されました。1階は税関常設展示コーナー、エントランスホール、休憩室、喫茶店「レトロカフェ」、展示室、2階はギャラリーと関門海峡を望める展望室となっています。

10013044 10013045
10013047 10013048
10013050 10013051
門司港税関のマスコットらしいです。一緒に撮影してみました。(だって写真撮影して下さいって書いてあったもん)
10013055


門司名物の「バナナマン」です。
このバナナマンと同じポーズで写真をとる観光客がたくさんいます。
バナナマンを撮影する時に親子連れが居て同じポーズで写っていました。

門司港の商業施設を散策した後はJR門司港駅方面に向かいました。
10013056 10013057
旧門司三井倶楽部です。一般に公開されていて、1階は無料で入場することができます。中にはレストランもあり、ゆっくりくつろぐことができます。2階のみ有料となります。
10013058 10013071
10013072 10013073

JR門司港駅です。この時期は寒かったこともあり、門司港駅前の噴水は出ていませんでした。
JR門司港駅は、大正3年(西暦1914年)に建てられた九州で最も古い木造の駅舎で、駅としては全国で唯一国の重要文化財に指定されています。外観のデザインは、ネオ・ルネッサンス様式といい、左右の造りが対称的なのが特徴です。
10013059 10013060
10013061 10013062
10013063 10013064
10013065 10013066
レトロな駅構内ですが、普段利用している鹿児島本線の電車がホームで停車していました。ここから博多駅を通過し、大牟田辺りまで運転しているかと思うとちょっと不思議な感じがします。
10013068 10013069
10013070 10013074

10013075 10013076
10013077 10013078
旧大阪商船の中も入ってみることにしました。1階は多目的に使用できる海峡ロマンホール、2階はわたせせいぞうと海のギャラリーになっています。 1階は無料で、2階は有料となっています。

今日はほとんど無料の施設のみを回ってみましたが、結構楽しめました。次回ゆっくり時間が取れる時はゆっくりと回ってみたいと思います。
10013079 10013081
門司港レトロも堪能したので、16:10の船で唐戸市場に戻ることにしました。行きは船の中に座っていたので、帰りの船ではデッキに出て景色を楽しんでいました。車での移動じゃなくて、船の旅もなかなか良かったです。



今回の費用(三人分)
■関門連絡船代・・・片道390円×3(往復)×人数分

※なおガソリン代は算出していません。


スポンサーサイト

| 福岡(北九州地区)観光 | 2010-01-30 | comments(-) | EDIT | TOP↑

TRACKBACK URL

http://spaspastyle.blog109.fc2.com/tb.php/409-42d7a02e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。