ひまわりの楽しい休日

大好きなお花に囲まれて暮らしたいな・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

三瀬越え~佐賀市大和町~佐賀県唐津市 雪の日ドライブ

今日は高速を使わないので昼前に家を出て三瀬トンネル越えで佐賀へ向かいました。
天気予報では山間部で雪が降るようなことを言っていましたが、福岡市内は雪が降っていなかった為、普通に出発したのですが、三瀬峠付近に来ると平地なのに雪がうっすらと積もっているじゃありませんか!同じ市内なのに、この景色の違いにびっくりしました。
011201 011202
三瀬ループ橋を通り、三瀬トンネルを通過し佐賀県に入りました。トンネルを抜けるとそこは雪国でした(笑)パトロールの方から「おたく達はチェーンは持っていますか?」と聞かれたので、「チェーンは持っていません。福岡市から来たのですが、市内は雪は全く降っていませんでしたよ。三瀬峠の手前でうっすら雪が積もっていただけです」と答えると、パトロールの方は「福岡市は雪は降ってないのですか?」と驚かれていました。それ位に天候が違っていたのです。
011203 011204
011205 011206
011207
12:30頃に三瀬トンネルを通過して、佐賀市の方に向かいました。ちょうどこの写真は北山ダム付近の田んぼの写真です。ものすごく雪が積もっています。道路は車が通るせいか雪が積もってなかったのが救いでした。

011208
車で15分位走っていくとさっきまでの雪景色は何?って位にどこにも雪がありません。たぶんあの雪は三瀬越えをする間だけだったのでしょうね。これで安心して運転できました。

この後、5分位すると「名尾庵 鶏めし」という看板が見えてきます。この看板から左に入ってすぐに左に入ります。民家があってどこにもお店はないのでびっくりすると思いますが、奥にお店があるのです。

011209 011210
最初の看板があった道路から見た名尾庵の外観です。お店の入口(民家)の方からはこの外観は見えませんので、本当にお店があるか迷ってしまいますが、民家の玄関の前を通りすぎて進んでいくと必ずお店がありますよ。名尾庵に着いた時は12:50でしたが、雪が降っていた為、私たちの他にお客さんは居ませんでした。
011221 011211
店内に入るとホッとするような手作り感覚のテーブルや椅子が置いてあり、寒いからと言って、ストーブと別にファンヒーターをつけて下さいました。
011212 011213 011214
011215 011216
私は松梅(人気の唐揚げ)1500円、連れは名尾庵(手羽煮込み)1000円を頼みました。
量が多いとは聞いていましたが、どうしても唐揚げが食べたくて松梅にしました。
011218 011219
左:名尾庵(手羽煮込み)、右:松梅(唐揚げ)です。どう見ても私が完食できる量ではありませんでした。唐揚げと手羽煮込みを一個ずつ交換してどちらも食べることはできましたが、連れは完食、私は残してしまいました。
011220
この容器に入っている鶏めしはお代わり用にお店の方が置いてくれましたが、さすがに定食の量が半端ではない為、食べ切れる訳はありません。
でも鶏めしはかなり美味しいので、定食のおかずを残してでも頑張ってお代わりをしました。
持って帰りたい位に美味しかったです。今回の一番の目的はこの鶏めしを食べることだったから・・・




名尾庵
佐賀県佐賀市大和町名尾4915-1 TEL0952-64-2371
時間 11:00~16:00  定休日 火曜日



14:00に名尾庵を出発して、川上峡まで着ました。着いた時は14:30で思ったよりも結構遠かったです。何故川上峡まで着たのかというと、「ときわ屋」で白玉饅頭を買いたかったからです。
佐賀の名物は白玉饅頭ですが、いつも高速のSAで買うだけで店頭で買ったことがなく、色々と調べてみると「ときわ屋」の白玉饅頭が美味しいと聞いたので早速行ってみることにしました。
お店の具体的な場所がわからなかったのですが、川上峡の赤い橋の所にお店があり、無事にたどり着くことができました。店頭で注文をしてから箱に詰めてくれるシステムなのか、頼んでからお店の方は箱に入れて包装をしてくれました。どうせなら、そのまま食べたい位でしたが、お土産なので、食べる訳にもいかず、ちゃんと持ち帰りました。

011223 011224



本家ときわ家
佐賀県佐賀市大和町川上951-6  TEL0952-62-1188



011225
川上峡を14:40に出発して、古湯温泉や熊の川温泉に立ち寄ろうとしましたが、温泉に入った後に湯ざめして風邪を引きそうなので、今回温泉に立ち寄ることは止めました。その後、唐津まで行く為に車を走らせるいると、また雪景色が見えてきました。

平地では雪は積もってなかったけど、山越えをする度に雪が積もっていたことを実感しました。チェーンは持ってなかったけど、道路には雪は積もっていなかったので、運転はスムーズでしたよ。その後、15:45に唐津市の鏡山に到着しました。鏡山の駐車場に車を停めて、まずは鏡山神社の方に向かいました。単に展望台が神社側にあると勘違いした為でしたが、鳥居の前にはお正月明けらしく大きな角松が置いてありました。
行き止まりになったので、引き返して池の方へ向かっていくとその先に展望台があると表示されていました。
011226 011227
011228 011229
展望台の手前に日本の三大悲恋物語といわれる松浦地方に伝わる伝説「松浦佐用姫」の像がありました。さらに展望台に上がると「虹の松原」を上から見ることをできます。虹の松原は4kmに渡って松原が広がっている日本三大松原の一つです。
011230 011231
011233 011234
虹の松原が長すぎて一枚の写真ではどうやっても写しきれませんでした。
当日は風も冷たく、曇っていた雲の隙間から暖かな光が差し込んできたのに感動して思わず写してしまいました。
011232 011244
011236
展望台は風が強くて、立っているのがやっとでした。どんどん身体が冷えてきたので急いで駐車場へ戻り、16:20には鏡山を出発し、次の目的地である唐津城に向かいました。唐津城に向かう時は202号バイパスから行ったので、虹の松原を通らず川沿いの道から唐津城に向かいました。

011237
私は何度か唐津城を訪れたこともあるし、着いた時は16:45だったので、今更天守閣の中を見学する時間でもなかったので、今回は外観だけを見ることにして、唐津城を後にしました。
その後、虹の松原に向かい、お目当ての唐津バーガーを食べました。

011238 011240
011239 011241
虹ノ松原に着いたのは16:50頃で、唐津バーガーの販売所はそこまで混雑していませんでした。チーズバーガー2つ、エッグバーガー1つを注文して、車のナンバーを伝えると車まで持ってきてくれるシステムです。私達はお昼に食べた鶏めしでお腹は空いていませんでしたが、温かいハンバーガーを食べたかった為、その場で食べることにしました。



唐津バーガー   虹の松原内



虹ノ松原を17:10頃に出発して、買い物をする為に近くにあるジャスコ唐津店に向かいました。10分位で到着し、その後買い物を楽しみ、18:40にはジャスコを出発して海沿いの道を通って20:30位に福岡市内に到着しました。
お腹がいっぱいだったので、その後何も食べることができず、夕方に食べたハンバーガーが夕食になってしまいましたが、今日は美味しいものを食べた一日でした。

011242 011243
ときわ屋で買った白玉饅頭です。



今回の費用(二人分)
■有料道路代・・・・・三瀬トンネル250円。
■昼食代・・・・・・・・・松梅(唐揚げ)1500円
             名尾庵(手羽煮込み)1000円
■お土産代・・・・・・・白玉饅頭10個入り730円。
■夕食代・・・・・・・・・チーズバーガー340円×2=680円
             エッグバーガー340円

※なおガソリン代は算出していません。

スポンサーサイト

| 佐賀県観光 | 2009-01-12 | comments(-) | EDIT | TOP↑

TRACKBACK URL

http://spaspastyle.blog109.fc2.com/tb.php/78-131e0c2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。