ひまわりの楽しい休日

大好きなお花に囲まれて暮らしたいな・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

大分県玖珠郡九重町 九重氷の祭典

今日のドライブは、大分県玖珠郡九重町で開催される「九重氷の祭典」に行きました。2月10~12日の3連休の3日間だけ開催されるイベントです。
昨年、このイベントは天候により中止になりましたが、さすがに2年連続中止にするわけにもいかないようで、今年は広島より雪を運んできたそうです。

今年は例年に比べて暖冬で、イベントは開催されるのかな?と思いながら、九重町のHPを確認し、たまたま、氷の祭典の準備をされている方のブログを発見して「広島から雪を運んできて、雪像を作っています」という内容を見て、今年は開催されることを確認しました。(ちゃんと確認しないと、現地に行って、イベントは中止なんて悲しいですもの!)

私たちが行った2/11(日)は三連休の真ん中ということもあり、高速道路も少し渋滞気味でした。ETC割引を使うべく福岡インターを9時前に出発しましたが、途中、基山SA手前ではSAに入るために左斜線の車がずらっと道路上に停まっていました。そんな光景を横目に見ながら、鳥栖JCTに向かい、大分道へ進みました。
(基山SAに寄ったら一体何十分かかったのだろう?と思う位に長い列になっていました)

大分道の山田SAでちょっと休憩。写真を撮り忘れましたが、露店で長崎名物の角煮饅頭買い、次の休憩地、玖珠SAでは揚げ餅を買いました。見た目よりもボリュームがあり、朝食代わりに食べたのに、3時過ぎまで全くお腹が空きませんでした(笑)

その後、玖珠インター手前で「九重インター渋滞」という案内を見て、玖珠インターで高速を下り、あとはR210で九重町に向かいました。

21101
R210から九重町役場前を経由して四季彩ロードで長者原(レストハウスやまなみ)方面へ向かいました。車で会場まで行けると思っていたら、途中学校のような施設から無料のシャトルバスが出ていると案内があったので、車をそこに停めて、11時半頃にシャトルバスで会場まで行きました。

会場まではバスで10分位でしたが、会場に着くと、山のてっぺんにうっすらと雪がある位で、道には雪がまったくない!そんな状態でよく「氷の祭典」のイベントができたな・・・と不思議に思いました。

会場に入ると、入場料として中学生以上1人500円を支払い「氷の祭典」というワッペンを見える所に貼って入場します。
21102 21103

21104 21105
21117 21107
21108 21109
21110 21111
21112 21113

氷の彫刻はたくさんの数があって、作品全部を紹介できなくて残念な位です。
たぶん30~40はあったと思います。
雪像は雪がないので、当初の予定では10だった所、6に変更になったようです。

21114 21115

(左)少し前にドラマ化されていた「のだめカンタービレ」の雪像です。
(右)「シーサー」です。

雪像の周りに、一部ソリで滑ることができる雪の野原があり、子供たちがソリで滑って楽しんでいました。

約1時間、氷の彫刻と雪像を観賞していたら急に体が冷えてきました。
シャトルバスに乗って臨時駐車場まで戻り、次の目的地の九重“夢”大吊橋に向かったところ、大渋滞で車が全く動きません。
道は狭いし、それでも観光バスは通るし・・・今回は大吊橋へ行くのを諦め、その次の目的地の日田郡大山町にある食事処「木の花ガルテン」に向かいました。

九重町から大山町まで1時間半ほど下道を走り、2時15分頃「木の花ガルテン」に到着。しかし、この時間なのに、待っている人がたくさん居てびっくりしました!!
いつ行っても人が多いけど、今日は特別に混雑していました。
他に行くお店も考えていなかったので、受付だけ済ませて、入り口で待つこと約1時間。ようやく名前を呼ばれて、ランチを辿り着けました。
以前、館内の料理を撮影していましたが、最近は各テーブルに「料理の撮影は禁止です」と書いてあるので、料理は撮影していません。

21118
野菜がメインのバイキング形式なので、普段不足しがちな野菜をたくさん食べることもできるし、いろいろな料理を少しずつ取り分けて食べることができます。


料理だけではなく、デザートも豊富です。ここに来たら、必ずと言っていいほどにお腹いっぱいになるまで食べてしまいます。(それでも全種類の料理を食べることはできませんけどね)


店名 「木の花ガルテン」
住所 大分県日田郡大山町(R212を日田より杖立方面に向かいます)


約1時間バイキングを楽しんだ後、4時15分に木の花ガルテンを出発し、福岡へ帰る為に日田インターへ向かいました。
大山町から日田インターへ向かう途中、道が混んでいましたが、ETC割引の時間帯には問題がないので、のんびりと帰りました。
前回と違って、今回は自然を楽しむドライブで、九州では珍しい「氷の彫刻や雪像」も見られたので、良かったです。


今回の費用(二人分)
■有料道路代・・・・福岡~玖珠1050円、日田~福岡800円(ETC割引利用)
■氷の祭典入場料・・1000円(一人500円)
■食事代・・・・・・・・木の花ガルテン・バイキング2520円(一人1260円)
■間食代・・・・・・・・角煮饅頭700円(一人350円)、揚げ餅150円
※なおガソリン代は算出していません。

スポンサーサイト

| 大分県観光 | 2007-02-11 | comments(-) | EDIT | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。