ひまわりの楽しい休日

大好きなお花に囲まれて暮らしたいな・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

熊本市動植物園

ポカポカ陽気の日に熊本市動植物園に行きました。
先月は熊本城に行ったので、今回は動植物園にしました。。水族館はよく行くけれど、動植物園に行くのなんて何年ぶりだろう?
動物達も見たいけれど、私が気になったのは菜の花畑。数日前の熊本の民間放送のブログで今週末が菜の花の見頃って書いてあったので、満開なのを期待して行くことにしました。

入口を入ってから時計回りに園内を回ることにしました。クマ、ライオン、ひょう、チーター、トラなどの動物たちは檻の中に入っていて、しかも檻の網めが小さいので、デジカメで写真を撮っても網めがかぶってよくわからない写真になってしまいました。

他の動物たちは比較的日向なので、ひなたぼっこを楽しんでいるような感じ。カンガルーやシロクマも近くで見れて嬉しかったです。
12031516 12031517
12031518 12031519
12031520 12031521
12031522 12031523
12031524 12031525
猛獣たちの檻を過ぎると、今度はサルたちの森と看板にあるように、たくさんのサル達の檻があります。
12031526 12031527
12031528 12031529
12031530 12031531
12031532 12031533
サルたちの森を過ぎると今度は鳥小屋がたくさんありました。鶴はお尻だけこっちに出して木の中に頭を突っ込んで何かを探していました。私は鳥類が苦手なので、あまり見ませんでしたが、かなりの種類がいました。
12031534 12031535
鳥小屋を過ぎるとちょっとした広場があり、レジャーシートを敷いてお弁当を食べている方がたくさんいました。
噴水前の後ろにもテーブルや椅子がありました。
12031536 12031537
その後、菜の花畑へ向かいました。あたり一面、黄色の絨毯みたいに綺麗です。こんなに菜の花が咲いているのを見れるなんてラッキー☆観覧車に乗っててこの黄色の絨毯を見たらもっと綺麗なんだろうなぁ~
12031538 12031539
12031540 12031541
12031542 12031543
12031544 12031545
12031546 12031547
12031548
12031549
菜の花畑の近くに梅が咲いていました。鶯宿梅という名前の梅です。
12031550 12031551
12031552 12031553
梅を見た後、園内を一周する目的で進んでいくと、小さな川や芝生の広場に鴨などの鳥がいました。この動植物園の鳥なのかな?それとも偶然にここに立ち寄っただけなんだろうか・・・
12031554 12031555
12031556 12031557
しばらく歩いていくと、羊・山羊・馬などのコーナーがありました。希望があれば入口から中に入って動物に触ることもできますよ。
12031558 12031559
12031560 12031561
12031562 12031563
遊戯コーナーでは海賊船やジェットコースターなどの本格的なアトラクションもありました。小さな子供が喜ぶのは九州新幹線の「さくら」をイメージしたこのミニチュア新幹線かな?これももちろん「祝・1周年」ですね。
12031564 12031565
12031566 12031567
12031568 12031569
12031570 12031571
12031572 12031573
12031574 12031575
12031576 12031577
12031578 12031579
その後、チンパンジー館を見たり、ラクダやキリン、ゾウ・ペンギンなどを見ることにしました。
キリンをこんなに近くで見るのは初めてです。葉っぱを食べてる姿が私が思っていた以上に迫力があってびっくり。必死に食べていましたよ。
今回はいろいろな動物たちを見ることができて、久しぶりに感動しました。また機会があったら、動植物園に行ってみたいです。



熊本市動植物園
熊本県熊本市健軍5-14-2
TEL096-368-4416
http://www.ezooko.jp



スポンサーサイト

| 熊本県観光 | 2012-03-15 | comments(-) | EDIT | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。